So-net無料ブログ作成
群馬県 ブログトップ

其の8 一度は食べたい!草津スウィーツ [群馬県]

最後に番外編。草津へ行ったらぜひゲットしてほしい魅惑のスウィーツたちを紹介します!

見た目べっぴん、味も絶品な和菓子
まずは名物花いんげん豆を使った和菓子。草津で古くから和菓子を作り続ける
清月堂」さんでは、標高1,000メートル以上の土地でしか育たないという
花いんげん豆を使った甘納豆が人気。皇族の方も好んでお求めになると
評判の逸品は、草津へ行ったら必ず食べておきたい名物のひとつです。


お店の入り口には可憐な花いんげん豆の花が。

花いんげん豆は黒い豆と白い豆の2種類。
黒いほうはより香ばしく食感がしっかりしていて、白いほうはホクホクして甘みが強いそう。
紅子隊長、甘納豆のお味はいかが?

「砂糖をまぶした皮がサクッとしていて中はホクホク!これはぜひ、東京の友達にも味わって欲しい!」


お土産用の甘納豆やほかの和菓子は、すべて和菓子のパッケージに入っていて華やか!
こんな素敵なお土産をもらえたら、みんな喜ぶこと間違いなし。

温泉といえばやっぱりコレ!
そして温泉ときたらやっぱりコレははずせない。温泉まんじゅうです!
草津の温泉街には実にたくさんの温泉まんじゅうのお店が。

隊員I  「いろんな温泉まんじゅうを食べ比べてみませんか?」
隊長   「いいねいいね!どれどれ。けっこう味が違うものだね。
      粒餡とこし餡はまったく違うし。こっちのは少し塩が効いていて
      後味さっぱり。これは味が濃厚!黒糖が入っているのかも♪」

隊長、利き酒ならぬ利きまんじゅうの技をマスター!?

天ぷらの衣をつけて揚げた「揚げまんじゅう」も美味。

今回で草津編も最終回。
ご当地の美のヒミツも食も堪能したTeam紅子一行に、草津で心に残ったことを聞いてみました!

カメラマンN
「温泉情緒あふれるレトロな町並み! 湯畑の風情を写真に撮るのは楽しかった~」
隊員I
「取材させてもらった人、街ですれ違う人がみんな笑顔だったこと。特に女性は何歳になっても元気!これも温泉の効果?」
隊員T
「紀利の花豆プリン! あの味は忘れられないわぁ。ここでしか食べられないのよーっ(涙)」
隊員K
「やっぱり温泉かな。いつも烏の行水な私だけど、ここの温泉はいつまでも何度でも浸かっていたくなった」
隊長
「ズバリ肌の調子のよくなるお湯!余分な皮脂を落とせるせいか化粧水の浸透がすごくよくなって、いつものローションがすごくしっとりに感じる。まさに美肌の湯だったね♪」

それぞれ素晴らしい思い出を胸に、ご当地ビューティ探しの旅はまだまだ続く!
次回はいったいどこへ現れるのか? 神出鬼没のTeam紅子では、
みなさんからのご当地ビューティに関する情報をお待ちしております!

☆清月堂
住所:群馬県吾妻郡草津町草津25
TEL:0279-88-2166
営業時間:8:00~17:00
定休日:火曜
http://kusatu.com/seigetudo/

 

 



其の7 草津のご当地コスメはやっぱり……! [群馬県]

ご当地コスメハンター、Team紅子のアンテナにピピッときたのがこのコスメ!
今回泊まった宿にも置かれていた「華ゆら」シリーズです。
草津温泉街の旅館の女将がプロデュースした草津温泉水入りコスメで、
シリーズにはぷるぷるジェルもアリ。湯上がりの肌にスーッと浸透して
あと肌はモチモチになります♪

草津温泉 温泉水使用 華ゆら ローション 120ml ¥1500 /草津温泉旅館協同組合 婦人部 湯の華会

そして湯畑に面したお土産屋さんでゲットしたのが下の2アイテム。
草津温泉水入り「湯けむり化粧水」は肌がグングン吸いこむさっぱりした感触。
シリーズで石っけんやジェル状美容液も人気です。

湯けむり化粧水 120ml ¥1260/本多みやげ店

そしてそして紅子隊長が興味シンシン、手にしているのは……


自宅に草津温泉のエキスをテイクアウトできる!

天然湯の花 220g ¥1,050、730g ¥3,150、1,300g ¥5,250

温泉成分が凝縮された湯の花は、家庭で気軽に温泉の湯を再現できる便利なアイテム。
採取できる量が限られているため、天然のものはとても貴重なのだとか!
*ただし浴槽を傷める場合があるので事前に成分を確認しましょう!

隊長  「この硫黄の香り。なんだかクセになるのよね~♪
      これで明日から我が家のお風呂も美肌の湯に変身よっ!」

※「湯けむり化粧水」と「天然湯の花」をセットで、抽選で1名様にプレゼント!
 応募方法はコチラ

☆本多みやげ店
住所:群馬県吾妻郡草津町草津110
TEL:0279-88-2155
営業時間:8:00~22:00
年中無休
http://www.kusatsu-honda.com/



其の6 紅子隊長、時間湯に挑戦! [群馬県]

遊んで楽しく健康に! 「テルメテルメ」
温泉博士から時間湯について教えてもらったTeam紅子一行は、
時間湯を体験できるという施設「テルメテルメ」へ向かうことに。
テルメテルメはドイツの温泉療法を取り入れた大型スパ。
屋内プールやジャグジーにサウナ、ウォータースライダーもあって大人も子供も楽しめる。

広々としたプール

さらにテルメテルメ内にあるエステティックサロン「メレーズ」では時間湯と
エステをあわせた「時間湯エステ」というメニューが。好奇心旺盛な紅子隊長。
もちろん時間湯エステを体験しました!

森のエステティックで時間湯エステ♪

「時間湯エステ」とはスパゾーンで時間湯を体験したあと、
サロンでフェイシャル or ボディのトリートメントを受ける内容。
時間湯で代謝の高まった体ならトリートメント効果も倍増!
サロンを出るころには肌も体も心もすっかりリフレッシュできるのです。

時間湯を体験できる浴室は和風な作り。

森の景色を見ながらウトウトできる「メレーズ」のナッピングルーム。

魅惑のトリートメントの前に!
まずは時間湯にチャレンジ。


湯もみおばさんにならって、草津節を歌いながら長い板を必死に操る紅子隊長と隊員I。

隊長  「う、歌と棒の動きがまったくかみ合わない! 難しい~」
隊員I   「た、隊長しっかり!思ったよりハードな運動ですね(涙)」
おばちゃん 「あはははは。ホレ、しっかり腰をいれて♪」
隊長  「お、おばちゃんスゴイ! 板をコネながらリズムとってるぅ~」

ユニークなおばちゃんにしっかりしごかれた隊長と隊員I。
時間湯を終えると体はホカホカ。心地よい疲れで目はトロ~ン。
「メレーズ」に戻ってバスローブに着替え、ナッピングルームでハーブティーを味わいます。


ミントのハーブティーを飲みながらホッとひと息。

約15分ほど休憩したあと、いよいよトリートメントへ。
今回体験したのはオールハンドによるフェイス&ボディマッサージ。
遠赤外線で体を温めながら、ホホバオイルをベースにラベンダーなどの
アロマをブレンドしたオリジナルオイルリンパをなじませてリンパを流す。
仕上げに肌質にあわせて保湿や毛穴ひきしめのパックをして終了。

隊長  「時間湯で代謝がよくなっているせいか、オイルが肌に
     グングン浸透してスベスベに!温まった体をしっかり
     もみほぐしてくれるから、体のコリも芯からとれたみたい♪」

草津伝統の入浴法とサロンのトリートメント。相性はかなりよかったみたい!

☆中沢ヴィレッジ内テルメテルメ
住所:群馬県吾妻郡草津町草津618
TEL:0279-88-3232
時間湯エステ(時間湯+マッサージ75分) ¥18,900
http://0932.jp/



其の5 温泉博士に聞く!健康になれる入浴方法 [群馬県]

温泉のことならなんでもござれ!な有名人
古くからの湯治場である草津。
そこに長年温泉を研究し続けている「温泉博士」がいると聞いて早速お邪魔することに。
博士がいる、と教えられた建物の入り口にはなにやら古めかしい看板が。
「草津温泉浴医局」? どうやら、病院のようですね。

草津にあるあちこちの温泉施設で目にする、湯の質へのこだわりを表す「泉質主義」の看板がここにも!

こちらが温泉博士として名高い布施医院院長、布施正美先生。

 もちろん博士も美白肌!

布施医院は大正9年から続く歴史のある医院。布施正美先生は幼い頃から
草津の湯に親しみ、開業医をなさる傍ら温泉の効能についての研究を続けてきたそう。

草津ならではの入浴法「時間湯」って?
布施先生に草津の湯の効能や入浴法について、あれこれ質問を開始する紅子隊長。
すると草津に古くから伝わる「時間湯」の存在が明らかに!

隊長  「草津の温泉はズバリ、どの点が体によいのでしょうか?」
博士  「まず草津に限らずどこの温泉もそうですが、温度や水圧で
     血行がよくなることが挙げられます。それと一番大事なのは
     温泉地と周囲の景色を眺めることで心が癒されます」
隊長  「確かにホッとしますね」
博士  「草津の湯の独自の効能としては高い殺菌効果があります。
     肌表面の余分な皮脂を落としたりニキビ菌の発生を抑えるので
     スベスベした肌になるんですよ」
隊長  「うわ~! ニキビを防いでくれるのはウレシイですね」

博士  「さらに草津ならではの入浴法・時間湯で湯に入ることで、
     体の免疫力を上げることもできます」
隊長  「時間湯!? どうやるものなんですか?」
博士  「草津の湯は源泉が約60度と少し高温。まずその湯を長い板で
     かき混ぜて46~47度くらいの適温にします。これは入浴前の
     準備運動を兼ねて居るんですね。次に頭から湯を30回くらい
     かぶります。こうして湯の温度に体をならし、血圧が急に
     上がったりのぼせたりするのを防ぐわけです」
隊長  「ずいぶん用意周到なんですね」
博士  「時間湯ができる江戸時代以前は、無茶な入浴で
     命を落とす人もいたようですから。そしていよいよ入浴ですが、
     このときもヒザまで、胸まで、肩までと3段階に分けて徐々に
     浸かります。入浴時間は3分。これを1日4回、5時間くらい
     間を空けて繰り替えすのが時間湯です」
隊長  「すごく合理的! 短い時間で熱い湯に入って、一気に代謝を
     上げるんですね」
博士  「そう。体本来の機能を取り戻して健康になる入浴法と言えます」

博士、温泉の効果や効果的な入浴方法がよく分かりました!ありがとうございました。
次回は、Team紅子が実際に時間湯に挑戦します!



其の4 草津美人のヒミツはやっぱり、湯にあった! [群馬県]

今回はな、な、なんと!
草津の女神さまがご当地ビューティに登場。

今年の「草津温泉感謝祭」で女神さまに選ばれたというカフェ店員の岩崎かおりさん
肌はキメが細かく色白。顔のパーツがはっきりしていて
キュートな印象の草津美人さんです。

 
儀式のとき女神さまがかぶる冠。きらびやかな儀式が想像されます。

素肌の美しさを生かしたナチュラルメイクが似合う岩崎さん。
アイメイクはほとんどしないとか。
「顔立ちがはっきりしているので、引き算メイクが基本です。メイクも
スキンケアも自然が一番。コスメもナチュラルなものが好きなんです」

とポーチの中から出してくれたのは、木の容器に入ったみつろう入りリップバームと
シアバター入りハンドクリーム。なるほどロハスっぽい!
「小さいころから温泉に入ってきたせいか、スキンケアを頑張らなくても
トラブル知らず。温泉地に生まれた利点ですね♪」


美容のプロに聞く温泉と美肌の関係
う~ん。やっぱり草津の湯は女性の肌をきれいにする!?
その真相を確かめるべく、エスティシャン&草津美人の新井つばささんを直撃することに!

「お客様の肌を見ていても、草津の方は確かにキメが細かいですね。
標高の高い土地なのに色白だしシミも少ないし。ただ、乾燥が気になります。
私もスキンケアは保湿重視。温泉から上がったら即化粧水をつけています」と新井さん。
「草津温泉は酸性らしいから、自然なピーリングができているのかな?
やっぱり草津の湯は美肌の素ね!」と隊長も納得。

メイクは目元重視。
「色白肌に映えるブルー系のアイカラーを愛用しています。
仕事で汗をかくのでマスカラはナシ。それから頬の高いところに
ハイライトを入れて、立体感をプラス。色白ってウレシイけど、
のっぺりした印象になりがちなのでハイライトは、マストです!」

岩崎さんや新井さんをはじめ、草津の女性はすご~く元気で明るい!
朝早くから働いて、夜はゆったり温泉で疲れを癒す。
そのメリハリがカラダと心、肌のパワーの源になっているみたい。

☆メレーズ
住所:群馬県吾妻郡草津町618 中澤ヴィレッジ テルメ テルメ内
TEL:0279-88-3232(中澤ヴィレッジ代表)
営業時間:10:00~19:00



其の3 絶品美人食に涙のリクエスト!? [群馬県]

お待たせしました!
ご当地ビューティ恒例、食べておいしいお肌にうれしい美容食の登場です♪
今回お昼に寄ったのは、「創作 精進会席料理 紀利」。
元旅館の板さんとその奥様が女将として切り盛りする、隠れ家風のお店です。

箸を手に満面の笑みを浮かべる紅子隊長。お味はいかが?



「ほっぺたが落ちるって、こういうことなのね~!箸が止まらないわぁ」

小鉢から蕎麦、天ぷら盛り合わせ、デザートまでかなりの量。
でもスイスイ箸が進むのは、素材の味を引き出す控えめな味つけのせい。
食材も油分の吸収を抑えるキノコ類、美肌にウレシイ豆類、
血液サラサラ効果の蕎麦などキレイになれそうなものばかり♪



蕎麦の上にのっているのは地元で採れたまいたけや蕎麦団子、
焼き茄子など10種類!蕎麦はなめこを練り込んだものとヨモギを
練り込んだものの2種類から選べます。

「うわ~! この天ぷら、なに!?」



隊長が驚くのもごもっとも。
天ぷらはご主人が手をかけた具材を一品一品揚げた、珍し~いものばかり。
口の中でとろける長いものカステラ、下味をつけた花豆、海苔に巻いた蕎麦、
下味をしっかりつけたこんにゃくの煮染め。
こんな天ぷら、食べたことない!

そして今回、Team紅子一同をメロメロにしたのが草津名産花豆を使った「花豆プリン」。
裏ごしした花豆の上にやわらかプリンがのった、紀利でしか味わえないスウィーツです。
「東京のデパートに卸してください!」「お取り寄せできるようにしてください!」
と T 隊員が女将に涙ながらに頼み込んだほど(やっぱり無理でした
本当においしいんです~!

おいしい料理と心温まるおもてなしをしてくださった板さん、女将さん。
本当にありがとうございました。

☆創作 精進会席料理 紀利
住所:群馬県吾妻群草津町大字草津464-667
TEL:0279-88-0338
営業時間:9:30~14:30、夜は4名~、1週間前からの予約が必要。
天ぷら懐石 ¥1,800、山芋蕎麦会席 ¥1,400、花豆プリン ¥350など



其の2 硫黄の香り漂う温泉街に到着! [群馬県]

前回のヒントと『VOCE』本誌でみなさんもうおわかりですね。
今回Tema紅子がおじゃましたのは、群馬県草津温泉です!

 


後から後から湧き出る温泉水!

草津に来てまず目にするのは、町の真ん中に広がる湯畑の景色。
湯畑とは、熱々の湯を何本もの木樋の中を通して温度を下げる設備。
モウモウとたちこめる湯気と木樋の底にたまった黄色い湯の花。そして
たちこめる硫黄の香りは、温泉地に来たぞ~! という喜びを高めてくれます。


町中温泉だらけ!

草津温泉は湯の質だけでなく、大小合わせて100以上もある源泉の多さと
豊富な湯の量でも有名。町の中には、数多くの源泉を利用した18もの
共同浴場が建てられています。

共同浴場の利用は無料。しかもほぼ全施設が清掃時間を除く
24時間利用可能とあって、地元の人々が普段から利用しています。
もちろん観光客も利用できますが、あくまで地元の方々のための施設。
マナーを守って利用しましょう!

 
左:源頼朝が発見したと伝えられる源泉を引く「白旗の湯」
右:草津の中でも比較的やわらかい湯の質が人気「煮川の湯」

浴場ごとに建物も中の湯船も、趣がいろいろ。地元の旅館や
観光施設で温泉街マップをゲットして、共同浴場巡りを楽しもう!

「ここにもあった~!」散策中、共同浴場「千代の湯」を発見した紅子隊長。


初耳入浴法「合わせ湯」ってなに?

共同浴場とは違う、ちょっと大きな温泉施設で面白い入浴法に遭遇!
大滝乃湯」地下にある「合わせ湯」の浴場には、レトロチックな
檜の浴槽が5つズラリ。それぞれの湯船には温度の違う湯が入っていて、
ぬるい方から温度の熱い方へ浸かるのが正しい入り方。
体に負担をかけず熱い湯に浸かることができて、冷えや疲労回復効果がバツグンなんです!



男湯女湯は時間による交代制なので、ガラッと戸を開けてキャーッ!
なんてならないように、時間の確認をしましょう。 (Team紅子はうっかり……

☆大滝乃湯
群馬県吾妻郡草津町大字草津596-13
TEL:0279-88-2600
営業時間:9:00~21:00(最終入館~20:00)
料金:大人¥800、子供¥400
http://www.kusatsu.ne.jp/otaki/otaki/



其の1 幻想的な景色がお出迎え! [群馬県]

まるでファンタジー小説の中のワンシーン!?


あいにくの曇天にもメゲず、今日もTeam紅子が行く!

エメラルドグリーンの水と、たちこめるナゾのモヤ。Team紅子の背後に見える
切り立った崖には、なにかの結晶のようなものがこびりついています。
ここは一体どこ?そして、背後のモヤは何?


恒例!? ご当地マスコット発見!
ヒントはこのキュートな女の子。手に持っているのは、パン?
なぜか鉢巻きのようなものも見えますね~。この子はどこの子かしら?

 ぼかしの下にはズバリ! 答えが隠されています。

この子のことだけコッソリ教えちゃうと、名前は「ゆもみちゃん」。
今回訪ねた場所のあちこちで見かけるマスコットガール的存在です。
それにしても「ゆもみちゃん」って不思議な名前。
ゆもみってなんのことだか、わかりますか?

ラストヒントです!


より幻想的なこの景色。どこかで見たことあるような……!?

さっぱりわからないよ、という人に大サービス!
写真に見える謎のモヤは湯気。そう、ここは日本を代表する温泉地のひとつなのです。

古くは日本武尊や源頼朝も愛したという伝説を持ち、江戸時代に
登場した『温泉番付』では東日本の第一位に輝いた名湯!

東京から車で約2時間半。上野から鉄道で約3時間というちょっと遠めの
ロケーションにかかわらず、毎週多くの温泉ファンで賑わう町なのです。

どこだかわかりましたか?
答えは、9月21日発売号の『VOCE』(講談社)で
ひと足お先に公開予定!
ぜひチェックしてみてくださいね。



群馬県 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。