So-net無料ブログ作成
石川県 ブログトップ

石川編 其の8 金沢で見つけたものアレコレ [石川県]

金沢の郷土料理がいただける「魚半 武家屋敷前店」にやってきました。
創業明治30年。香林坊のアトリオの敷地にあったのだけれど、
アトリオの上に店舗を残しつつ、本店はこちらに移動。歴史を感じさせる佇まいです。


ごりの活き造り

ごりとは、カジカ科の魚であだ名なのだそう。
川の石の下や裏などにいることが多く、漁は石ごと
力づくで獲ることからごり押しというコトバができたとか。
わりと歯ごたえよく、あっさりした味。1人前¥1,029


鴨の治部煮

みごとな輪島塗りのお碗に出される。お碗は季節ごとに変わるので目の滋養にも◎。
味がしっかり染み込んで旨い!! 1人前¥1,365
他に、10種類の加賀野菜の天ぷら¥945~、生麩の田楽¥630など。
金沢ならではの新鮮な素材を生かした料理が並ぶ。

鴨は血中コレステロールを低下させる働きがあり、ビタミン類や鉄分も含まれ、
女性には肝心な食材! 生麩はたんぱく質だし、加賀野菜もあるし、言うことなし。

隊長 「もう~。どれも美味しい。ヘルシーな美容食ばかり!」
ちなみに、看板料理の鴨の治部鍋¥2,604(2人前)は地方発送もしてくれます。

魚半 武家屋敷前店
石川県金沢市香林坊2-12-15
  TEL:076-222-2288
※アトリオ8Fにも店舗あり。
http://www.atrio.co.jp/




金沢美人のテレビ金沢の橋永さんに「金箔パック」の情報を聞いたチーム紅子。
ぜひ実物を見ておかなくては!と捜索開始。
兼六園あたりをウロウロしていたチーム紅子一行、ふと足を止めました。
兼六城下町というショップを発見。その店の奥になにやら輝くものが…。

あれが、ひょっとして金箔パック?

じゃーん! コレがその24金の金箔パック! 名前も「KINPAK」!
普通の金パックというと小さな金片を何枚か貼っていくのだけれど、
これは顔全体を1枚で覆えるという優れモノ。
「薄いし、はがしにくいんじゃない?」という心配も無用だそう。
特殊加工で台紙からはがれやすくしてあるんですって!
しかも、自在に大きさを切って変えて使えるから、ある意味お得???
というか、使い心地などの前に、このインパクトがすごい★
これぞ金箔パックといえる風格。ちなみにお値段は1枚¥4,980。

♪兼六城下町ホテル兼六にある「いちがいもん」というショップで購入可能!
石川県金沢市兼六町2-5
  TEL:076-210-8111
http://www.k6-j.co.jp/

♪ネットでも販売中。
http://www.kinpaku.net/



<おまけ>

かつて茶の湯が盛んだった金沢は、和菓子の名店が多いところ。
どの和菓子もおいしいだけじゃなく、箱を開けるたび隊員たちが
「カワイイ!」の 大合唱をするほど、乙女度がぐっとアップするお菓子ばかり。
おみやげにぜひどうぞ~。


上から順に、
1.森八の「えくぼ落雁」。
本店とひがし茶屋街のお店のみで販売されている限定品。 2.日本三銘菓といわれている、森八の「長生殿」。
ほんのりとしたピンク色は、山形産の本紅で色づけ。 3.甘納豆かわむらの「糖菓子 レモン」。
加賀野菜ジュースをいただいた『桃組』で、手に入れました。
『桃組』でジュースをオーダーすると、かわむらの甘納豆が
お茶請けとして一緒に添えられてます。 甘納豆かわむらの商品はネット販売なし。金沢まで行かないと買えません!
チーム紅子一同は、『桃組』で置いてあったかわむらの甘納豆の
あらゆる種類を買いだめ。 だって美味しいんだもの~。
わざわざ行ったご当地おみやげとしてかなり◎です。

森八
石川県金沢市尾張町2-12-1
http://www.morihachi.co.jp/






石川編 其の7 金箔コスメが金沢美人を作る? [石川県]

石川美人2人目の登場は、創業30年を迎える「箔一」の
香林坊アトリオ店の店長、白惣美夏さん。


金沢の箔工芸品を担う「箔一」。ショップには工芸品もたくさんあるが、
3年前ほどに純金配合のコスメ「金華」シリーズをいち早く開発。
すぐに反響があり、人気がうなぎ上りに。
今ではベーシックラインにメイクアップ、エステ、香水、ネイルシールまでラインナップ!

金沢の繁華街、香林坊のアトリオの地下にあるショップを切り盛りする白惣さんは
年齢不詳の美肌の持ち主。

隊長    「その美肌はやっぱり金コスメのおかげかしら…???」
白惣さん 「最近は、金にプラチナなどを配合したものも販売していて、
       保湿力をぐっと高めるのでオススメですよ。
       シミ、そばかす、シワにも効果的です」
隊長    「どのアイテムも純金の輝きがまぶしーい! でもなぜ金?」
白惣さん 「昔、純金箔を加工している人の手の傷が、
       仕事をしている間にいつの間にか治っていたということがあったそうなんです。
       調べてみると、純金はマイナスイオンを発生すると言われ、
       お肌をすこやかに保つ手助けをし、血流を良くする働きがあるそうですよ」





これが純金箔配合のコスメ、金華ゴールドシリーズ。
左手前から、金華ゴールドカプセルEX 50g ¥3,990
金華ゴールドナノエッセンス 30ml ¥3,150
金華ゴールドナノローション 150ml ¥2,625
金華ゴールドナノクレンジング&フォーム 200ml ¥2,625
金華ゴールドナノソープ 100g ¥3,150



 

金箔コスメをじっくりチェック中の紅子隊長。

隊長    「箔一さんで、一番人気のコスメは?」
白惣さん 「ベーシックラインは人気が安定してますが、イチオシは
       金華ゴールドピーリングジェル。
       古い角質やヨゴレなどをキレイに落としてツルツルにします。
       それから、金華ゴールドカプセルEXも好評ですね。
       純金箔とビタミンCの相乗効果で紫外線ダメージを救ってくれます」



箔一 香林坊
アトリオ店

石川県金沢市香林坊1-1-1
  TEL:076-224-0891
http://www.hakuichi.co.jp/



石川編 其の6 これを飲めば美人度アップ!? 加賀野菜ジュース [石川県]

昔ながらの街並みが残るひがし茶屋街エリア。
歩いていると、三味線のお稽古をする音が聞こえてきたりして、雰囲気満点!

紅子隊長も紅柄の和傘を借りて、ちょっと女優風。
小雨降るひがし茶屋街もいいもんです。
ここは昔で言う花街。いくつかのお茶屋の中は見学することができるからぜひ!



そんな茶屋街ならではの建築を生かしたカフェで、
加賀野菜のジュースがいただけると聞いてやってきました。

「桃組」は、江戸時代に立てられたお茶屋の外観はそのままに、
カフェ仕立てにしたおしゃれなスポット。今年で5年目を迎える。
長いカウンターの奥はギャラリースペースもあり、お散歩の合間、
ちょっとひと休みするには最適な場所です。



 

ここで出しているジュースの中でも、旬の加賀野菜を使ったジュースは人気なのだそう。

野菜だけじゃなく、おいしくアレンジしてあるから、
お料理しない人や、野菜が苦手という人でも手軽に加賀野菜を堪能できる。
手前は「鈴見橋」で金時草×パイナップル、
奥が「天神橋」で加賀太きゅうり×キウイ、グレープフルーツ。
どちらも¥525。メニューは1~2ヶ月で変わり、その時期の野菜が使われる。



隊長もさっそくオーダー。
「どちらも、野菜の味はほんのりする程度。おいしいー! アイデアだよね~。
金沢ではケーキにも加賀野菜を使ったりするんですって。
子供の頃からそうやって加賀野菜に親しめるっていいことだと思うな」 桃組ではオリジナルのブレンド茶もあり。
おみやげも充実しているのでのぞいて見て。



お店のお隣りで、猫がのんびりお昼寝中でした。気持ち良さそう♪

桃組
石川県金沢市東山1-12-11
  TEL:076-252-8700
営業時間:10時~夕暮れまで 火曜日休み



石川編 其の5 石川美人は笑顔がステキなアナウンサー [石川県]

石川で見つけた美人、テレビ金沢のアナウンサー、橋永晶子さんに直撃!

ヘルシーな笑顔が好印象。彼女は毎週土曜日夕方5時~「Smile!」や
毎週月~金の午後4時52分「びービーみつばち」で活躍中。

紅子隊長、さっそく橋永さんのビューティチェック。
隊長    「ポーチが大きいですね~」
橋永さん 「そうなんですよ。ロケが多いので、メイク用とヘア用といろいろ
       持ち歩いてます」
隊長    「ロケが多いと日焼けとか大変じゃない?」
橋永さん 「そうなんですよ~。絶対に日焼けしないようにSPF50以上をつけて、
       美白美容液を使ってはいるんですけど、うっかり焼けちゃいますね(笑)」
隊長    「じゃ、肌悩みは?」
橋永さん 「もちろん、シミ・そばかすです! 日焼けしやすいんです…」
隊長    「美白の他に、スキンケアは何してるの?」
橋永さん 「乾燥肌なんですけど、ベビーオイルでクレンジングするといいと
       言われてやってます。
       ただ、忙しいこともあって、スキンケアはパパッとやっちゃうほうかな」
隊長    「ダメダメ。ちゃんと湯船に使って丁寧にスキンケアをやらないと
       後悔しますよ~。保湿もしっかりして代謝をスムーズにすれば
       シミ・そばかす といった肌トラブルもだんだん減ってくるはずよ」
橋永さん 「なるほど」

橋永さん 「ファンデはKoh Gen Doを愛用中。ハイビジョン対応だそうで、
       アナウンサー仲間で流行ってるんです。カバー力もいいです!」


隊長    「金沢といえば金コスメだけど、どう?」
橋永さん 「使ったことはありますよ。確かにいい感じですけど、ちょっと高くて(苦笑)」
隊長    「最近はリーズナブルなコスメも出ているみたいよ。私も使ってみたいんだよね~。
       金沢の人って、流行にも敏感な気がする」
橋永さん 「地元の伝統は守りつつ、流行もちゃんと取り入れてるとは思いますね。
       金コスメもそうだし。融合させるのが好きなのかも。
       とても住みやすい場所ですよ!」
隊長    「うん。また来た~い!」



石川編 其の4 加賀野菜マスターに会う [石川県]

加賀温泉・山代温泉がいかに美肌の湯か?
それを証明するのが、生まれも育ちも山代温泉の浅野邦代さん。
昨年11月から白銀屋で働いているそうで、直撃取材!

隊長    「山代温泉や白銀屋のいいところはどこですか?」
浅野さん 「お湯がとても柔らかくて、ほんとに肌がキレイになるんですよ。
       ちょっとひなびた感じの場所ですが、魯山人も滞在したという温泉地で
       歴史もありますしね。白銀屋そのものが歴史を作ってきたところもあるので、
       他の旅館や温泉地では真似できない部分じゃないでしょうか」
隊長    「ほんっとにツルツルですね!」
浅野さん 「恥ずかしいですね~。小さな頃から入っているので…。
       みなさんも、長めに滞在してお湯を楽しんでください。
       小さなところですが、温泉の他に九谷焼もあるし、漁港からの新鮮な魚も
       食べられるし、見どころはたくさんありますよ」




さて。山代温泉を後にして、一路金沢へGO!

金沢の台所を支える「近江町市場」に、この地ならではの食材があるのだとか。 山代温泉から車で40分ほど。江戸時代から続く市場は、食料品の他に衣料品や 雑貨など生活に必要なモノが揃う。


今回の目的は、北形青果にいる野菜ソムリエ・北形謙太郎さん。

ご当地ビューティにハズせないのが、郷土の野菜。
しかも加賀野菜は、金沢市農産物ブランド協会によって認定された15種類のみ。
の加賀野菜を、全国に広くPRしようという熱意を持っているのが、北形謙太郎さん。
さっそく加賀野菜について聞いてみる。


北形さん「かごの中にあるのは、打木赤皮甘栗かぼちゃ、加賀れんこん、加賀太きゅうり、
       金時草などです。今が旬ですね」

色がキレイで栄養たっぷりっぽい~。
ただ、あまり見たことのないものが多いし、食べ方もよくわからない…。


紅子隊長、加賀野菜の伝道師に直接質問!

隊長    「加賀野菜って何で認定されるんですか?」
北形さん 「平成9年に加賀野菜としての認定がスタートしたんですが、
       基本的に地元で昭和20年以前から栽培されているものです。
       金沢は4つの土壌に大きく分けられるんですが、それぞれの土地に根付いた
       食材の中から認定されています」
隊長    「たとえば、この金時草。どうやって食べたらいいんでしょう?」
北形さん 「これは、やや粘り気があって明日葉のような感じ。
       おひたしが食べやすいですね。葉脈はしゃきしゃきして美味しいですよ。
       ポリフェノールや鉄分たっぷりなので、女性にはぴったり!」
隊長    「かぼちゃは?」
北形さん 「ジュースでもスープでもいいですね。濃くて味もしっかりしてます。
       きゅうりは、ビールのCMで有名になりました。そのまま食べてもOK」

丁寧に親切に答えてくれる北形さん。近江町市場に行ったらぜひ訪ねてみて~。
加賀野菜は全国発送もしているので、隊長さっそくお買い上げ。
「加賀野菜セット」はネットでも注文できます。


北形青果
石川県金沢市下近江町50番地
  TEL:076-223-8213
http://www.kagayasai.com/



石川編 其の3 「赤八目の茶陶包み」って、どんな料理? [石川県]

いよいよお待ちかねのお食事タイム!
白銀屋では、地元の食材を生かした創作加賀料理を堪能できます。


前菜

メインダイニング「銀庵」は、真ん中には大きなウッドテーブルが置いてあり、
こちらもクラシック×モダン。それを囲むように障子で仕切られた個室が並ぶ。
前菜から始まって12~13品目ほど。
近くの橋立漁港から直送される新鮮なお魚、旬の野菜を目でも舌でも
楽しめる趣向になっていて、言うまでもなく美味♪


メインの茶陶包み

魯山人が提唱する「素材の旨みを逃がさずに堪能する」をポリシーに、
白銀屋が編み出した魯山人ゆかりの名物料理。
赤八目を越前和紙で包み、加賀棒茶を散らし、さらに九谷焼の粘土で蒸し焼きにした
シンプルでご当地ならではの一品。叩いて割っていただくと、ほんのりと
お茶の香りも漂って味わい深い!


お刺身

旬の刺身は甘エビ、ほうぼう、生たこ、さざえ、かんぱち。
季節によって種類は変わるけれど、旬の魚がラインナップ。


追加料理 能登牛の七輪焼き

追加でぜひ頼みたいのがコレ! ¥5,250~だけど加賀野菜もついている!
柔らかな肉質でいくらでも食べられそう~★

チーム紅子一同、おなかいっぱいいただきました!



翌朝。
あんなにいただいたハズなのに、おなかが空いて目覚めたのはナゼ???
朝ごはんがこれまたゴージャス★ これは食べないと損!!


朝食は、ダイニング「紅有也」で。源泉で4時間かけて作る自家製温泉卵は必食!
ワンプレートには、その他に大きなアジの開き、加賀野菜を使った煮物など8品ほど。
ごはんは、もちろん能登のこしひかり。朝から大満足♪



ヘルシーでおいしい朝ごはんの後は、ロビーラウンジで
ゆったりコーヒーをいただきながら、スパ「若草」でトリートメントの指導も
している渡辺さんと紅子隊長が美容対談。

渡辺さんは、ジョジアンロールというフランスのアロマテラピストに師事したそう。
そこから、さまざまなことを学習して今に役立てているそうです。
確かな技術と丁寧な接客とサービスは、あらゆる面で学ぶところが多い!
隊長のホリスティックビューティについての考えなども話し、
なごやかで有意義な時間が過ぎていきました。

白銀屋
石川県加賀市山代温泉18-47
  TEL:0761-77-0025 
http://www.shiroganeya.co.jp/
1泊2食付き¥28,000~。



石川編 其の2 美湯と名高い山代温泉の老舗宿へ [石川県]

今回、チーム紅子がやってきたのは石川県でした!


ヒント1はひがし茶屋街。
ヒント2は金沢の台所「近江町市場」で見つけた「加賀野菜」の看板。
ヒント3は金沢の兼六園!!


チーム紅子一行は、ひとまず金沢を離れ、ちょいと足をのばして美湯と
名高い加賀温泉郷へ。その中の山代温泉にある白銀屋さんへお邪魔しました。
白銀屋は、創業1624年。かの魯山人が好んで滞在したという歴史ある旅館。
紅柄格子に紅柄の壁、屋根のうだつなど伝統的な町屋建築は、
現存する宿泊可能な旅館の中でも最古のものだそう。
なんだかここに立つだけで、ホッと心が和む。

創業380年(!)の老舗旅館。有形文化財に指定されています。 



大きなのれんをくぐると、純日本風のたたずまいの広々とした玄関・ロビーへ。
ふと見上げると、大きな梁のある天井が。圧巻! 昔からの伝統を守りつつ、
センスのよい現代風にアレンジしてある。
雰囲気のいい日本庭園には茶室もあり、こちらも有形文化財。
無料で抹茶とお菓子がふるまわれる。

もちろん、お部屋も伝統&モダン。白金クラシックと名づけられた和室は8室。
魯山人が逗留していた「福の間」は、当時のままで使える。
対して、加賀モダンと名づけられた新館には
伝統×モダンの融合された部屋15室(うち露天風呂つき1室)。
どちらも魅力的なインテリアで、日本人でよかった~と思わせる。



山代温泉ならではの美人の湯のお風呂も要チェック!
白銀屋のお風呂は2ヶ所。どちらも源泉かけ流し。
弱アルカリ性の柔らかなお湯が自慢。

こちらは内風呂。
古代ヒノキの浴槽から坪庭を眺められる「吉祥の湯」。


露天風呂。
古代ヒノキの大浴場&石造りの露天風呂がある「尚武の湯」。
静かな空間で、朝も夜もゆっくりとカラダを癒したい。


美を追求するチーム紅子。
白銀屋にはリラクゼーションルームがあると聞いたからには、
さっそく隊長が体験してみます!

スパ「若草」は要予約で24時まで。トリートメントルームに行くと、なんと和室!
「これは落ち着く~」と隊長。
確かに、畳や格子からもれる光がいい感じです。
フェイシャルトリートメント(30分)¥4,000~、
ボディトリートメント(60分)¥10,000~、
その他にも足ツボマッサージなどメニューも豊富。
「すごい手技! あっという間に心地よい眠りに落ちちゃった♪」と隊長。
トリートメントオイルの香りも旅の疲れを一掃してくれます。



夜になると紅柄格子から灯りがもれてさらに風情ある感じに。
とはいえ、食いしん坊のチーム紅子。さて、ごはんは……。





其の1 風情のある街並み…。ココはどこでしょう? [石川県]

チーム紅子は、今日もまた日本のどこかに出没しております!
隊員みんな観光気分でノリノリで写ってますが、けっこう大忙しなんですよ~。
今回はちょっと薄曇りでしたが、雨の降る町もニュアンスがあってステキです。

なにやらしっぽりした感じの場所におりますが、ここはどこでしょう??



ヒント1

なんと風情のある町並み。京都? いえいえ違います。
ま、全然関係ないワケじゃないんですけどね。
ある意味、京都っぽい感じがしますよね~。



ヒント2

この県の名産の野菜が並んだ看板。よーく見るとヒントになる地名があちこちに!
ちなみに、この看板のある市場は県内でも超有名。いつも賑やかです。



最終ヒント。

岡山の後楽園、水戸の偕楽園と並んで日本三名園といわれるこの場所。
右隣に写っている石の灯ろうが有名です。必ず観光客はここで記念撮影します。
もちろん、チーム紅子も撮りました(笑)。

すごいヒントは100万石です。もう、わかりましたかー???


Team紅子が今回向かった先は、ひと足お先に、
8月23日発売の『VOCE』(講談社)10月号で公開!



石川県 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。